自然界の空気浄化システムを使って除菌・脱臭

それを実現できるのが「ReSPR」です

世界初!「NASA」が開発したテクノロジー

ReSPRは、⾃然界の空気浄化システムを応⽤して、

全に健康空間を造り出しながら除菌・脱臭を図る

空気浄化装置です。空気中の⽔分と異種光触媒

ユニット:NCCを応⽤して、低濃度過酸化⽔素ガスH2O2及びオゾンO3、スーパーオキサイド、ヒドロキシラジカルを同時に発⽣させて、果樹・花き等のエチレンガスの抑制により鮮度維持、カビ防⽌にも⾼い性能を発揮します。

最先端の異種光触媒ユニット:NCC™(ナチュラル・カタリティック・カンバセーション)は、ReSPRのコア技術であり、NASAの関連機関の研究により⽣まれた技術を採⽤しています。

安全に健康空間をつくり出す「ReSPR」とは?

大切な心臓部、世界初の技術である異種光触媒「NCC™テクノロジー」

6種⾦属親⽔性合⾦と広域波⻑UVランプを⼼臓部であるNCCセルにより、空気中の⽔分から微量の過酸化⽔素、

そして内蔵のオゾンプレートを⽤いてオゾンを発⽣させ、光触媒との相乗効果により空気中の細菌やウイルス、カビなどの微細な有害粒⼦を除去します。

 

学校・スポーツ施設で大きな成果を上げています!

インディアナ州の学校にて、

ReSPR導入後にインフルエンザ疾患者数が激減しています!

また、スポーツ施設では黄色ブドウ球菌の数が0となったことが確認されています!

 

独⾃の光触媒装置により、24時間の表⾯テストにおいて微⽣物量を減少させる能⼒があります。

・Staph (⻩⾊ブドウ球菌) : 98.5% 減少

・MRSA (メチシリン耐性⻩⾊ブドウ球菌): 99.8% 減少

・E-Coli (⼤腸菌) : 98.1% 減少

・Anthrax family (芽胞菌) : 99.38% 減少

・Strep (レンサ球菌) : 96.4% 減少

・緑膿菌: 99.0% 減少

・リステリアモノサイトゲネス: 99.75% 減少  ・カンジダアルビカンス: 99.92% 減少   ・⿊カビ: 99.93% 減少

・ノロウィルス   ・⿃インフルエンザ(H5N8)    ・豚インフルエンザ(H1N1)

(上記数値はカンザス州⽴⼤学のラボテストによるもので、実際のフィールド環境における性能ではございません。)

ReSPRの最適使用場所は?

フィットネスジム、ヨガ教室、医療施設、介護施設等、様々は場所で使用できます。

特にフィットネスジム再開には強力な武器となり、顧客を各種ウイルス・細菌より守ります。

 

使用実績としては、病室・診察室・汚物室・休憩室、介護現場、分析室、更衣室、青果貯蔵庫、食品工場、鉄道車両・バスなどがあります。

ReSPR卓上型の写真  左:ReSPR50  右:RePR3001
ReSPR卓上型の写真  左:ReSPR50  右:RePR3001

ReSPRのNCCセルとは?

一般的にフィルターを使用した受動型の空気清浄機では、最近家カビや悪臭を完全に除去することが不可能で、フィルターが菌やカビの温床になってしまう危険すらあります。レスパーのNCC™セルを通過して生まれた微粒子イオンは、微細な有害粒子に直接アタックし、根本原因を分解します。空間の隅々まで効果が行き渡るとともに、ドアノブや椅子など、人が直接触れる部分の表面も浄化します。



ReSPR 50の製品仕様は?

サイズ :165mm×178mm×172mm

重量  :1.4kg

適用面積:30㎡まで(注1)

消費電力:45w

処理風量:3段階減少

(注1)用途や設置条件により適用面積が変わりますのでご相談ください。

ReSPR 50
ReSPR 50

ReSPR 3001の製品仕様は?

サイズ :230mm×305mm×305mm

重量  :4.0kg

適用面積:279㎡まで(注1)

消費電力:50w

処理風量:5段階減少

(注1)用途や設置条件により適用面積が変わりますのでご相談ください。

ReSPR 3001
ReSPR 3001